読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Reference Point 農業系ニュースピックアップサイト

個人的に気になった農業系のニュースをピックアップ。これからはイチゴが大変。

世界の食品業界が注目する2017年の5つの流れを見て、2017年の農業の流行りを探る

以下、2017年1月7日、ライフハッカーより一部引用

食品業界は今、私たちの食生活を大きく変化させそうな転換期の中にあります。私がその動向を予感したのは、数年前にスーパーマーケットに足を運んだ時です。小麦粉に変わる代替粉としての「アーモンド粉」が売り切れ状態になっていました。そして数年経った今では、その代替粉が数億円規模のビジネスに成長しています。
食品新時代の革命は、まだまだ終わりそうにありません。2017年の動向をくわしく見ていきましょう。

全文はこちらから

というわけで5つの流れについてはリンク先を読んでいただくとして、特に興味を持ったのはこの流れ。

5.新たなパッケージ、新たな表示

正直、新しい品種も、IoTに代表される新しい栽培方法も、結局はお客様に手にとってもらい、買ってもらえなければ意味が無いのだと思います。
新しい品種のいちごを扱っていると、特にそれを感じます。
テレビで扱ってもらっても、売れるのはそのシーズン。次のシーズンでは多くのお客様に忘れられています。
梱包、パック詰めといった昔ながらのやり方は長い時間をかけているからこそ、完成度も高いのだと思います。
しかし、現状のお客様にとっても見飽きられているとも考えます。

お客様に対してアピールし続ける、ってのは、言ってて無理じゃないかとも思います。
継続的にアピールするにはコストも掛かり、アイデアも出し続けることが必要になります。

でも、それでも、やるからには、今までのやり方も、新しいやり方も、どちらも必要なのだと思います。
注目されているのであれば、新しい流れに乗ってみるのも、必要なことなのでしょう。
今シーズンで形にできなくても、今年中には、ね。

www.lifehacker.jp