読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Reference Point 農業系ニュースピックアップサイト

個人的に気になった農業系のニュースをピックアップ。これからはイチゴが大変。

トランプ新大統領は農業について何言ってたんだろうなって調べてみました。

本日アメリカ合衆国大統領選挙が行われ、次期大統領はドナルド・トランプ氏に決まりました。 決まりました、決まりました。

 

さて、トランプもヒラリーもTPPなんざやってられっかって言ってましたけど、他に農業に関係する発言は何があったかと簡単に調べてみた所、2つほど見つかりました。

2016年8月17日、ロイターより トランプ氏、農業政策顧問を発表 アイオワ州知事など

[シカゴ 16日 ロイター] - 米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏は16日、農業政策顧問チームを発表し、アイオワ州など農業が盛んな6州の知事や元農務長官などを指名した。

 

アイオワ州は11月の大統領選で接戦が予想される州の一つ。トランプ氏はこうした激戦州での支持拡大に取り組んでいる

農業政策顧問に指名されたのは、アイオワカンザスノースダコタサウスダコタオクラホマネブラスカ各州のいずれも共和党の現職知事6人のほか、レーガン政権時の農務長官、テキサス州バージニア州の元知事2人。

全文はこちらから

 

 

2016年8月20日、ロイターより トランプ陣営、農業団体に国の政策への発言権を確約

 

[シカゴ 19日 ロイター] - 米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏のアドバイザーが米国の農業団体に対し、トランプ氏が当選すれば政府の農業政策に発言権を与えると確約したことが19日、複数の農業団体の話で明らかになった。

農家や種子会社などを代表する11の団体は15日、ワシントンでトランプ氏のアドバイザーと初めての会合に臨んだ。

全文はこちらから

気になったのは農業政策顧問チームに名前が挙げられたアイオワ州知事。 アイオワ州ってエタノールとトウモロコシの生産ではアメリカ国内最大の州であり、豚や牛、酪農でも大規模って話なんですな。

アドバイザーに起用するってことは、当然これらの州にとって有利な農業政策を出してくるのではないかと考えます。

そうなった時に、日本への影響っってどう出てくるんですかね。

 

TPPがだめになりそうな状況下ですけど、それ以上にきっつい農業輸入をぶん投げてくるかもしれないわけですよ。 何か先手を打っておくためにもこれらの州の特産とか、調べてみますかね。