読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Reference Point 農業系ニュースピックアップサイト

個人的に気になった農業系のニュースをピックアップ。これからはイチゴが大変。

4年連続250人を超えた青森の新規就農者

以下、2016年8月15日付、河北新報ONLINE NEWSより引用

 

 2015年度の青森県内の新規就農者は263人で、前年度から33人減ったものの、4年連続で250人を超えたことが県の調査で分かった。  実家が農家でなく、新たに農業に従事した人は93人(前年度比12人増)で、06年度の9人から10倍に増加した。うち41人は農業法人に就職していて、法人が農業希望者の受け皿となっている。

 

中略

 

 年代別でみると、15~29歳が128人で最多。30代が91人、40代が29人と続き、50代は10人、60代も5人いた。

全文はこちらから

 

青森の新規就農者が4年連続増加というニュースがあるなか、こんなニュースもあります。

 

日本の農業人口200万人割れ デイリースポーツオンライン 2016年7月30日付

国全体としては依然として農業人口は減少の一途です。 その中でこの青森のニュースは明るいニュースとして捉えるべきだと考えます。

 

農業に転職したい、と考える人にとって、障害になりえるのが収入と技術、土地だと考えます。 河北新報の記事にあります、農業法人への就職という手段が取れれば、

これらの問題はまず解決しますし、独立するにあたっても下地ができる状態になります。

 

しかし、多くの農業法人が人を雇えるかというと、そうでもないというのが事実です。

国内の人口が減少していく中、輸出に活路を見出すのも一つです。

 

同時に、国内の野菜流通をもう一度見直すのも、一つだと思います。 地産地消であるならば、国産を国内で消費するのも、地産地消ではないでしょうか。 個人の農家が首都圏に出荷するのは、非常に難しいです。 その糸口を農業法人が作り出し、地域の優しが国内の必要とされる場所に届くことができれば、

もう一段回上の地産地消が実現出来ると考えます。

 

これが、農業人口の増加への、一つの手段となればと夢を見ます。

 

参考リンク 引用元該当記事