読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Reference Point 農業系ニュースピックアップサイト

個人的に気になった農業系のニュースをピックアップ。これからはイチゴが大変。

農業資材引き上げ第一弾。韓国産肥料をJA全農が一括輸入

以下、2016年8月15日付、時事通信より一部引用

全国農業協同組合連合会(JA全農)は15日、生産資材価格を引き下げる取り組みの第1弾として、

韓国産肥料を一括輸入すると発表した。

 

中略

大規模農家を想定し、コンテナごとの20トン単位で注文を受け付け、

港湾から直送することで国産製品よりも3~4割程度割安にするという。

ただ、国産に比べると水分量が多く固まりやすいため、長期保管には向かない。

全文はこちらから

 

農業資材が韓国の2~3倍高いと調査が出たと思ったら、JA全農が韓国から肥料一括輸入と。 マッチポンプだったんですかねこの記事の流れ。

 

気になったのは2箇所。 ・大規模農家を想定していること ・長期保管には向かないこと

 

企業が運営している大規模農業法人に、 「とりあえず安く提供するから実験してくれないでしょうか。それもすぐに使ってください」 って意図がなんか見えてきます。個人的になんですけどね。

 

これで結果が良好であるなら小さな規模の農家に対し、各JAが販売するって図も出てくるのかと。 これからのJA生き残り作戦の一環ですかね。

 

ちなみにJA全農は 「低コスト商品、生産資材価格引き裂けの取り組み」の全農ホームページへの掲載開始について」 というリリースを2016年8月15日付で出しています。

 

リリースでは今後3カ年計画で生産から販売までのトータルコスト低減などに取り組むとの記載もあります。 この取組の一環として、韓国産肥料の一括輸入なのでしょう。

 

願わくば、今まで各農家、各メーカー、各JAが意識してきた安全に対して、

しっかり調査をしたうえで輸入肥料を販売してほしいものです。

 

参考リンク 引用元該当記事 JA全農リリース記事